伝統芸能振興会TOPページへ
静岡伝統芸能振興会
お座敷について
ホーム > お座敷について
お座敷について
 お座敷…っていうと「政財界の旦那衆が…」というように堅苦しい席ではないかと思う方が多いかもしれないですが、そんなことはありません。
 ただ、これだけは守っていただきたいというマナーと心得を記してみます。
服装はどんなものがいいんですか?
時間は守りましょう
「おばさん」「お母さん」とは呼ばないで
お酒は飲むけど、物は食べないんです
お座席をつけさせてください
若い芸妓さんだけじゃだめよ!
服装はどんなものがいいんですか?
お座敷遊びはあくまでも遊びですので、堅苦しい服装は必要ありません。ただ、和室の空間で遊ぶものですので、和室に違和感を感じさせない自分のお気に入りの服装で構いません。(和室での席ですからパーティードレスやタキシードというのもおかしいですよね)
清潔感のある服装であればそれで構いません。
しかしながら、足元の清潔には気を配ったほうがいいでしょう。よれよれのスニーカーや、においの強い履き古した革靴では、下足番の人に不快感を与えてしまいますからね…。
時間は守りましょう
料亭では、お客様の揃う時間に合わせて、玄関に打ち水をまき、芸妓衆を集め、料理の準備をします。いつまでたっても全員が揃わないなんて事になると、すべての手配を台無しにしてしまいます。
お座敷遊びに限らず、時間を守ることは大切ですね。
「おばさん」「お母さん」とは呼ばないで
芸妓衆にはさまざまな年齢の方がいます。あなたより若い人もいれば、年上の人もいます。
芸妓衆を呼ぶ場合は「○○さん」(若い芸妓さんの場合)や「○○姐さん」「お姐さん」(年配の芸妓さんの場合)と呼んでください。
当然、芸妓衆の名前を知らなければ「○○さん」などと呼ぶことは出来ませんので、こちらから「お名前は…」と問いかければ教えてくれますし、「○○です。よろしくおねがいします」と名刺代わりの千社札(せんしゃふだ)をいただけることもあります。
お酒は飲むけど、物は食べないんです
芸妓衆はお座敷では決して物を食べません。その代わりお酒は飲みます。
「○○さん。一杯いかがですか…」と芸妓さんにお酒を勧めれば、会話も弾み楽しい時間を過ごせるかもしれないですよ。もし、芸妓さんにお酌をするのを忘れても、「お兄さん(お姉さん)私にも一杯くださいな」と声がかかるので、あまり気を使いすぎてもいけませんが…。
お座席をつけさせてください
宴席でお酌をするだけで踊りや唄はいらない…ということもあるかもしれません。しかし、芸妓さんはお酌をして話しをするだけでなく、踊りや唄などの芸を行なうからこそ芸妓さんなのです。
芸妓衆の踊りや唄などを見て、楽しんでいただくのが、お座敷遊びの真髄です。
若い芸妓さんだけじゃだめよ!
若い芸妓さんだけで「ワイワイ」騒いで…殿方ならそう思う方も多いのでは…?
でも、お座敷遊びはそれだけじゃあつまらないですよ。たまにはハメを外して…って思うかもしれないけど、お姐さん芸妓さんが一緒にいることでお座敷に凛とした心地よい緊張感が広がるもの…。
若い芸妓さんだけでなく、お姐さんもお座敷にかけて(呼んで)くださいね。

ページの先頭に戻る


お座敷遊び
座敷で行なう遊び(ゲーム)には、色々な種類があります。
しかし、特別な道具を使わず、お座敷にある物を使って遊べるものがほとんどです。 そして、「負けたら飲む」というのが原則ルール。負ければ負けるほど酔いが回るのがお座敷遊びです。

おまわりさん
金毘羅ふねふね
虎拳(とらけん)
陣取り
おひらきさん
金毘羅ふねふね
おまわりさん
太鼓の両側に2人が立ち、「おまわりさん」の掛け声にあわせて太鼓を2回たたいてジャンケン。勝ったほうが再び「おまわりさん」で太鼓を2回たたき、負けたほうがその場で1回りしてジャンケンするという遊び。
これをテンポ良く繰り返し、2回続けてジャンケンに負けたら負け。慣れてくると徐々にテンポが上がり、目が回ると同時に酔いも回ってきて、最後は立っていられなくなる人が続出してしまいます。
金毘羅ふねふね
三味線のお姉さんが歌う「金毘羅ふねふね お池に帆かけて シュラシュシュシュ…」の唄にあわせて二人で対戦する手遊び。
芸妓さんとお客さんが向い合せに座り、お酒の袴やライターのような手のひらで隠れる物を真ん中に置き、相手が道具を取った時はグーを、道具がそのままの時はパーを出します。三味線が早くなればそれにあわせて動きも早くなり、徐々に真剣になっていく姿が、見ている者の笑いを誘います。
虎拳(とらけん)
籐八拳(とうはちけん)と呼ばれるさんすくみの拳のひとつで、「とらとら」という拳です。
屏風をはさんで互いの姿が見えないように立ち、三味線のお姐さんに合わせてあて振り(歌詞に合わせて振りをつける)をしながら、唄の最後の「とらとーらとーらとら とらとーらとーらとら」のところで「虎(ガオーっと張って出る)」「おばあさん(杖をつく)」「和籐内(槍をかまえる)」のいずれかの格好をしながら屏風の陰から飛び出して勝負。虎はおばあさんに勝ち、おばあさんは和籐内に勝ち、和籐内は虎に勝つという、一種のジェスチャーゲームとジャンケンの合わさったものです。
陣取り
男女のペアの二組以上で行なうゲームです。新聞紙を広げ、その上に立ちます。ジャンケンをして負けたら新聞紙を半分に折り、さらにジャンケン。負けるとさらに新聞紙を折り、徐々に立っていられる場所が少なくなってくる…。新聞紙が小さくなってきたら、おんぶしたり抱き上げたり、肩車をしてもいいですが、転んだり、新聞紙の上から出てしまったら負け。ラブラブなペアはこのゲームから外した方がいいかもしれませんね。
おひらきさん
おひらきといっても「終わり」という意味じゃないですよ。芸妓さんと向き合って立ち、ジャンケンポン。負けたほうが心持ち足を開き、それを繰り返します。足を開ききり、倒れた方が負けとなり、酒を飲むというゲームです。

ページの先頭に戻る
お座敷
お座敷について
粋なお座敷遊び
花柳界の用語集
ようこそ静岡へ
ハローナビしずおか
伝統芸能振興会とは芸妓さんお座敷ご利用・ご予約新着情報お問い合わせサイトマップリンク
Copyright(c) 静岡伝統芸能振興会 2012 All rights reserved.