伝統芸能振興会TOPページへ
静岡伝統芸能振興会
芸妓さん
ホーム > 芸妓さんとは
芸妓さんとは
芸妓さん(一般的には芸者さんと呼ばれる場合が多いですね…)とは、踊りや三味線などの日本の伝統芸能で宴を盛り上げるプロフェッショナルなエンターティナーです。
コンパニオンと違い殆どの芸者がこれを生業としており、アルバイト感覚ではなく、一人前になる為に身につけた踊りや三味線などの芸で、お座敷でお客さまをもてなします。

 また、芸妓さんにはいろいろな呼び方があり、関東では『芸妓』『芸者』などと呼び、関西では『芸子』と呼びます。修行中の芸者は『半玉(はんぎょく)』と呼ばれますが、京都ではこれを『舞妓(まいこ)』と呼んでいます。

 芸妓さんが出入りする界隈は『花街(はなまち)』と言われ、芸妓さんの世界は『花柳界(かりゅうかい)』と呼ばれます。これは柳緑花紅からあでやかな世界を意味しています。
同じ艶やかさでも、『花魁(おいらん)』は公許の下であった吉原の遊郭にいた高級娼婦のことで、芸者とは異なります。


※柳緑花紅(りゅうりょくかこう)
人の手を加えずに、自然の姿のままの様子こそ真実だという意味で、また、無理に構えることなく、柳は緑で、花は紅でよい。それぞれが自分の色を持っていていいんだよ。という意味でもあります。



ページの先頭に戻る
芸妓さん
芸妓さんご紹介
芸妓さんとは
芸妓さんの歴史
しみず芸妓の歴史
しずおか芸妓の歴史
ようこそ静岡へ
ハローナビしずおか
伝統芸能振興会とは芸妓さんお座敷ご利用・ご予約新着情報お問い合わせサイトマップリンク
Copyright(c) 静岡伝統芸能振興会 2012 All rights reserved.